新築住宅

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは?

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。
そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

ZEHイメージ住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。

政府目標
住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※エネルギー基本計画

普通の住宅とZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス))の違い

ZEHとは

ZEHポイント

ZEHには補助金が給付されます。

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。
これからのお住まいのスタンダードをおトクに叶えられるチャンスです。
※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より。

◆補助対象住宅
自ら居住する戸建て専用住宅
※賃貸併用住宅の場合は、条件を満たした自宅部分のみが対象となりますので、注意が必要です。
※公募期間中であっても、補助対象事業の申請金額合計が予算に達した日の前日を持って公募を終了し、予算に達した日以降に到着した申請分は原則受理されません。
※申請が集中した場合等は交付決定が遅れる場合があります。
◆補助金申込みまでの流れ
補助金申込みまでには、窓の大きさや位置、ZEHに必要な設備仕様(エアコン、給湯・換気設備、太陽光発電システムなど)の機種や設置位置についても決定する必要があります。
◆ 補助金申込み後の家づくりスケジュール
建物工事は交付決定後に着手する必要があります。
また、事業期間内に建物が完成し、引渡しが完了している必要があります。
※上記補助金やスケジュールは、2016年4月6日時点の内容です。

当社のZEH住宅への取り組み

◆外皮基準IA値
ZEH住宅基準値 0.60W/m2k
当社自主目標設計値 0.46W/m2k
◆エネルギー消費削減率 Ro値 R値
ZEH住宅基準値 20%
当社自主目標設計値 25%以上
◆再生エネルギーを加えた削減率R値
ZEH住宅基準値 100%
当社自主目標設計値 104%以上
◆ZEH受注目標
平成29年度20%
平成30年度80%
平成31年度100%
平成32年度100%
以上の目標で2020年度(平成32年度)までZEH受注目標100%を目指して普及活動を致します。

ZEH目標公表資料

ZEH受託目標
◆平成28年度
受注棟数5棟 ZEH 0% Nearly ZEH 0% 既存改修 0% 合計 0%
◆平成29年度
ZEH 20% Nearly ZEH 0% 既存改修 0% 合計 20%
◆平成30年度
ZEH 60% Nearly ZEH 20% 既存改修 0% 合計 80%
◆平成31年度
ZEH 60% Nearly ZEH 40% 既存改修 0% 合計 100%
◆平成32年度
ZEH 60% Nearly ZEH 20% 既存改修 20% 合計 100%

◆ZEH周知、普及に向けた具体策
完成見学会や各種イベント等でZEHに関する資料の配布や勉強会などでZEHのメリットの周知活動をしてまいります。
また、積極的にZEHに取り組み、2020年に向けた普及目標の実現に努めます。

◆ZEHのコストダウンにむけた具体策
自社の性能値と仕様を標準化して管理コストや資材のロスの削減に取り組みます。
また、躯体性能を上げて、パッシブデザインを取り入れるなど設備機器に依存し過ぎないZEH住宅を目指します。

◆その他の取り組みなど
省エネはもちろんですが、それに伴う住環境にも配慮して快適で健康的な家づくりにも取り組み致します。さまざまなセミナー等にも積極的に参加して多方面からお客様へ最新の情報発信ができるように知識習得に努めてまいります。